巻物

為替証拠金

初心者でもわかる為替チャートの読み方をカンタン学習

為替証拠金について詳しく知っていますか?このHPでは為替証拠金について一杯お届けしているので、みなさんの興味のある情報が見つかるかもしれません。

ホーム

外貨FXと為替証拠金

為替証拠金

FXで外貨の為替取引をする人が昨今増えていますが、FXは外国為替証拠金取引ともよばれています。
外貨FXとはどのようなものなのでしょうか。
外貨FXとは、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンドなどの外国通貨の売買を行う為替取引を指しています。
実際に為替を売買するわけではありませんが、利益を上げるためのシステムは外貨預金や外貨MMFと同じようなものです。
為替を売買したことにして利益を計算するという点が外貨預金とは違います。
外貨FXには、取引の証拠金を前もって入金しておき、実際の何倍もの取引を行うレバレッジ効果というものがあります。
多額の資金を要する取引でも、レバレッジ効果を用いれば少ない資金で行なうことが可能です。
外貨FXでは為替証拠金の入金額よりも取引額を大きくすることができるので、利益も損失もかなり大きなものとなります。
一般的な外貨預金の場合、為替取引は円売りから始めますが、外貨FXの取引は円買いから行なうことも可能です。
実際に外貨を所有していなくても、外貨を売るという取引をすることもできるわけです。
円高局面が予想される場合でも、外貨FXなら為替差益を得るチャンスがあるということになります。
外貨FXの為替差益は多額にすることが可能なので、金融商品としては非常に人気が高いものとなっていますが、損失が出る場合も多額になることになりますので、為替取引を行なう場合には注意をしておかねばなりません。

外貨FXのメリットについて

為替証拠金

近頃、外貨FX取引に挑戦してみたいという人が増えてきています。
外貨FXとは外国為替証拠金取引とも言い、外国為替の売買で利益を得ようとするものです。
円売りで為替取引を開始することが可能なことのほか、大きな利益を見込めるという長所を持っていますが、他にはどういった長所があるのでしょうか。
たとえば株式市場は、朝から取引が始まり午後3時には終了します。
平日の昼間に仕事をしている人は取引がやりにくい市場環境だと言えます。
外貨FX市場であれば、24時間いつでも取引をすることができます。
一番相場が活気づくのはヨーロッパやアメリカ市場が開いている夕方から夜中です。
会社が終わって帰宅した後、自宅でゆっくりと売買することもできるので、外貨FXによる為替取引は人気になっています。
他に外貨預金でも外貨を取り扱うことができますが、預金であるのに損をすることがあります。
数パーセントの手数料も取られますので実質の利益はもっと低くなります。
外貨FXは外貨預金に比べて取引にかかる手数料が小さいのが利点としてあげられます。
外貨預金の10分の1ほどです。
外貨預金と同じように、金利を得ることもできることを覚えておきましょう。
外貨FX取引ではレバレッジもかけられます。
元金の何倍もの取引できるのです。
少ない資金でも大きな為替差益を得ることができるのが外貨FXの特徴です。
このように、外貨を扱う外国為替証拠金取引には多くの利点があります。
一度取引を行なってみるのも良いかもしれません。

外貨FXのリスクについて

外貨FXは別名外国為替証拠金取引や通貨証拠金取引ともいい、広く知られるようになってきています。
外貨預金よりも効率のよい金融商品として最近行う人が増えているようです。
円売りで為替取引を開始することが可能なことのほか、少額資金でも大きな為替差益を見込めるなど、優れた点がいくつもあります。
為替取引で得た差益やスワップポイントなどの利益には決済せねばならない期限はありませんが、逆に危険性も持っています。
取引する会社の信用状況により預入資産の一部か全部が返還されない場合があります。
外貨FXを行なう人は、FX会社に対して売買取引を行なうことになるため、この取引相手のFX会社が潰れた際には、資金や利益を回収できないこともあり得るのです。
外国為替証拠金取引ではFX企業の信用力をも考えに入れて行なう必要があるわけです。
今外貨FX取引をしている会社は200以上あると言われていますが、半分以上は信用リスクが伴う会社だといわれています。
外貨FXの取引は為替に影響されるため、当然ながら為替変動リスクにさらされています。
自分の思惑と反対に為替市場が動けば損をしてしまうわけです。
外貨FXでは少ない資金で大きな取引ができます。
取引が大きければ利益も損失も大きくなります。
このこともリスクとして捉えておかねばなりません。
外国為替市場は流動性の高いマーケットであるという流動性リスクもあるといえるでしょう。
外国為替証拠金取引で利益を得るには、こうしたリスクを引き受けなくてはいけないことを忘れてはいけません。

外国為替チャートとは

外国為替チャートというのは何でしょうか。
外国為替つまり、外国の通貨と日本の通貨など異なる2つの国間で取引をする時に、現金を送付せずに手形や小切手などを使って振り替え決済をする方法の事です。
この外国為替取引を行なう際に、チャートを参考にするのです。
外国為替取引をする人は多く、インターネットの普及により自宅で誰でも簡単に出来るようになった事で、年々増加しています。
個人投資家の間でも、この外国為替の取引は投資手段として人気を集めています。
為替のチャートは取引をする際に無くてはならないものとなっています。
通貨の異なる国の間での取引をする際に使われる決済方法である外国為替の取引は、日々変動している為替レートを元に計算されるのです。
為替レートの状態によっては、自分に有利に働く事もあれば不利に働く事もあります。
外国為替のチャートとは、通貨の値動きをグラフ化したものです。
変動する為替レートの値動きを経時的にプロットしたものと言えるかもしれません。
外国為替チャートには、いろいろな種類のものがありますが、ローソク足と呼ばれるものがよく使われています。
為替チャートは通貨の値動きが分かりやすいようにしたものですが、この「ローソク足」は中でも非常に理解しやすいもので、値動きを示す記号がローソク型になっているためにこう呼ばれています。
外国為替のチャートを上手に利用することによって、為替取引を有利に進めることができるようになります。

外国為替チャートとローソク足

外国為替チャートでよく使われるローソク足は、単位期間が決まっています。
単位期間中の初めについた値段を始値、最後についた値段を終値と呼びます。
単位時間の中で最も高い値段を付けた時、その数値を高値と呼び、逆に最も低い値段を安値として、これら4つの値を元に描かれるものです。
外国為替チャートのローソク足は、陽線と陰線にわけられます。
ローソク足による外国為替チャートで陽線と言った場合、白か赤で表現されるのが普通で、その時間の値動きが上昇方向に向かっていることを示しています。
外国為替チャートの陰線は、始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを意味しています。
ローソクの実体とも呼ばれる胴体部分から出ている線をヒゲといいます。
上についているものを上ヒゲ、下についているものを下ヒゲといいます。
このヒゲですが、どちら側に出ているかの他に、その長さやどういった時に出現したかで状況が変化します。
上ヒゲが長い線の場合は、上昇力がなくなって、反落の可能性がある、または下ひげが長い線の場合は下落力がなくなっているので反騰する可能性があるなどです。
ローソク足がヒゲだけになり十字のようになったものをコマ足と呼び、方向性が見えない相場になっていることが分かります。
外国為替チャートというのは、通貨の状態を見極める為には、特に大切なものとなっています。

外国為替チャートとローソク足の種類

外国為替チャートのローソク足には、いくつかの種類があります。
為替取引の際に重要な参考データとなるローソク足の種類について調べてみました。
外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が活用しているのが、ローソク足というものです。
投資のテクニカル分析をする時に、初めにチェックすると言われるぐらい基本になっているものです。
外国為替チャートのローソク足を見る方法を、為替取引を上手にするためにもぜひ知っておいたほうが良いでしょう。
日足と呼ばれるものは1本のローソクで、1日の値動きを表示しています。
ローソク足の週足とは、為替の1週間の値動きを表したもので、月足では1ヶ月のもの、年足は1年分の値動きを表しています。
外国為替チャートは、取引のタイプによっても、どのローソク足の種類が良いのか変わってきます。
日足や週足、または月足がおすすめなのは、外国為替取引が長期や中期型の場合です。
他にも1分足や5分足、15分足、30分足といった分刻みの値動きを表したものもあります。
デイトレードやスウィングトレードなどの短期トレードをする時に、短い期間を表したチャートが向いています。
外国為替チャートのローソク足の種類はいろいろとありますが、まずは基本的な値動きを十分に理解できるようになることが為替取引には必要になります。

手裏剣


Copyright (C) 2018 初心者でもわかる為替チャートの読み方をカンタン学習 All Rights Reserved.
巻物の端