巻物

為替予測

初心者でもわかる為替チャートの読み方をカンタン学習

当サイトは為替予測についての知識がたくさんあります。為替予測のことを詳しく知りたい方に、うれしい知識を紹介しています。

ホーム

為替の予測方法

為替予測

最近FXの取引をしている人が多いようですが、取引をする場合に欠かせないのが今後の為替の動きを予測することです。
適切な予測をすることができなかった場合、利益のでる取引は難しいでしょう。
為替相場の先の予測は難しいように思われますが、いくばくかでも予測ができるやり方のようなものはあるのでしょうか。
ドル円の為替相場でのレートが100円を大きく割り込んだ場合、円高が亢進していると感じる人が多いでしょうし、逆に130円などと言う数値になれば、円が安すぎると感じる人が多くなるでしょう。
それでは、1ドル130円だと円安すぎると言われるのは何故か、誰にでも納得できるような答えを出せる人はいないのではないでしょうか。
レートに関する知識を持ち、適正な水準というものを知っていれば、相場が高くなっているのか安くなっているのかが分かります。
あいまいな感覚ではなく合理的に説明をしようとするのが、為替相場決定理論という考え方です。
通貨の価値基準となるのは、その通貨に対する需給バランスです。
為替相場決定理論は、通貨の需要と供給は経済のファンダメンタルに左右されるという観点から為替相場を予測しようというものです。
ファンダメンタルとは、経済活動の実態そのものを差し、基礎的諸条件と呼ばれることもあります。
具体的には、経済成長率、インフレ率、失業率などです。
取引する通貨を発行している国家の経済力がどれだけあるかということを示します。
為替相場を予測するにあたっては、ファンダメンタルに現れる情報をよく見ることが大切です。

為替予測に役立つもの

為替予測

外貨の取り引きをする人が増えていますが、取引で成功するにはしっかりとした為替予測をすることが必要です。
為替相場の動向はきちんとチェックするようにしましょう。
相場の予測に失敗すると、利益を得るどころか損を出してしまう可能性もあるためです。
では、為替相場で予測を立てる時には、どういったものを利用したらいいのでしょうか。
投資をする通貨を発行している国の経済的な情勢を調べることは、外貨投資の際には重要です。
また、投資先通貨発行国だけでなく、アメリカやEUなどの主要国についての状況や、為替相場の値動きについても調べる必要があるでしょう。
各国の金融政策や為替政策などは特に大事です。
また、政治動向や景気の状態、貿易収支にも注意を払いましょう。
アメリカの大統領選挙、中国の経済情勢、イラク情勢など世界の動きに目を向けなければなりません。
為替相場の将来の値動きを予測するには、国内総生産額、民間設備投資、雇用統計の数字などを見ることです。
インターネット、ニュース、新聞、雑誌などからそういった情報を手に入れることができますが、もっとも便利でおすすめなのは日本経済新聞です。
日経新聞のマーケット総合一面は便利です。
東京外国為替市場の為替レートの他、世界の株式市場における情報が載っているからです。
その他、為替市場の動向についてわかりやすい解説がされていたり、為替予測をする役に立つコラム欄などがまとめられていたりします。
日経新聞をうまく活用して、為替相場の予測を立ててみてはどうでしょうか。

テクニカル分析で為替予測

為替予測をすることがFX取引をする場合には不可欠になります。
利益を上げるために為替の予測をする方法はいくつもありますが、特にテクニカル分析の手法を身につければよいでしょう。
正しいやり方を身につけずに為替を予測して取引している人もかなり多いようですが、それではうまくいきにくいでしょう。
テクニカル分析を利用することで、定まった法則を使って取引を進めていくことができるようになります。
為替レートが過去どのように推移したかのグラフであるチャートは、このテクニカル分析のもととなるものとして重要なツールとなります。
チャートを見ることで、為替相場に現在時点で影響を与えている値動きの要因を知ることができます。
要人発言や経済指標発表など為替レートを動かした過去のすべての要因を見ることができるのです。
チャートを用いて為替レートに法則性を見つけ、将来の値動きを予測するのがテクニカル分析です。
チャートという形で為替情報を見れることから、関連情報がもたらした影響を視覚的に確認できるため、テクニカル分析は為替レートをイメージとして予測しやすくなります。
ただし、テクニカル分析は為替予測に使いやすいとは言え、チャートの数字はあくまでも過去の1パターンを示したに過ぎないという点に注意しましょう。
ある情報に対する市場の反応や選択はその時々で変わりますので、チャートが示す結果はその一つの反映でしかないのです。
テクニカル分析で行なった為替予測の結果については自分で引き受けねばなりません。

為替レートの円安と円高

ニュースを見ていると、為替レートの情報と共に円安、円高という言いまわしがあります。
円高、円安という言葉はどういったものを指しているのでしょうか。
円安とは、円の価値が相対的に低下している状態です。
1ドル=80円が1ドル=90円なると、円安です。
1ドルの商品を買うために、これまで80円で済んだものが、90円必要になるためです。
為替レートは円安方向へ向かったということになります。
円安が進むとアメリカで日本の製品が安く買うことができるので、日本からの輸出が増える傾向にあります。
日本では、アメリカからの輸入品の値段が上がり、購買意欲が下がりますので輸入が減少することになります。
円高とは、円の価値が他国通貨と比べて高くなる状態です。
1ドル=100円が1ドル=95円になれば、円高です。
円高は、日本に資金が流入し、日本円自体の価値が上がっている状態といえます。
日本の債券や株券を買う動きも、活発化していると判断できます。
アメリカ人が1ドル120円の時に日本の株を購入した場合、為替が1ドル100円になると株価が上昇しなくても為替差益で儲けることができます。
外国人の投資家が、日本の株式の投資する場合には、為替レートも日本に投資するかどうか決める重要な要素だといえます。
為替レートの円高と円安についてきちんと理解しておくことは、投資をする場合にも非常に重要なことだといえるでしょう。

為替レートが円高になった時のメリットとデメリット

円高局面に入っているというニュースを見ることが多くなりましたが、円高とはどういった状態でしょう。
円高になると、原油の仕入値が安くなります。
原油自体の価格は変わらなくても、為替の影響で変わります。
原油が安くなると、結果としてガソリンや灯油の値段が下がるという形になります。
電気やガスのようなエネルギー全体の価格が安くなることにつながります。
為替レートが円高になると海外旅行で安く買い物をすることができます。
1ドル200円よりも1ドル100円のときのほうが同じ10万円でも倍の買い物をすることができるのです。
国内では円高になると輸入品は仕入れ値が安くなります。
仕入れ値が安くなるということは小売価格の値下げしやすくなります。
小売店舗が円高セールをすれば、消費者が購入する商品の価格も下がりますので、経済が活発になります。
一方、為替が円高になることでマイナスの影響もあります。
輸入が安くなる反面、輸出が高くなります。
日本国内でつくり、海外で販売するときの価格が高くなりますので、他の輸出国との競争が不利になります。
その結果、輸出産業の売上げが低下することになります。
海外の投資家も株価が頭打ちしたり低迷の予兆が見え出すと、為替損益が発生する前に早めに利益を確定しだします。
海外の投資家が日本円での利益を外貨に両替すると、円高にブレーキがかかる仕組みです。
為替レートの円高にはメリットもデメリットもあることを理解しておく必要があります。

為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

円安になると、日本経済にはどんな影響が及ぶのでしょうか。
円安になると、海外への輸出産業が有利になるといいます。
今までと同じ金額でものを販売しても、円安になれば海外での販売価格は安くなります。
それだけ国内産業の競争力が高まることになります。
円安になれば輸出業の生産量が伸び、輸出企業の業績が伸びて賃金などに反映されます。
為替レートが円安になると株価も上昇します。
海外の投資家は、自国の通貨高のメリットから円安である日本の株に注目し、買い注文が幅広い銘柄に集まります。
株価全体が底上げされ、企業はどんどん元気になっていきます。
為替レートの円安にはデメリットもあります。
輸入業は、円安でマイナスの影響を受けます。
売上げを維持するには価格を上げるしかありません。
海外からものを購入する時の金額が上がるため、原油の仕入れ価格が上昇します。
その影響でガソリンや灯油が高くなり、電気やガスも値上がりします。
輸入品の仕入値が円高の影響で高くなると、原材料を輸入に頼る会社も打撃を受けます。
連鎖的に商品の価格が上がると国内での消費が低迷することになるのです。
消費者は生活必需品以外の贅沢品や耐久品をあまり購入しなくなるのです。
為替レートの円安にもメリットとデメリットがあるのでよく理解しておきましょう。

手裏剣


Copyright (C) 2018 初心者でもわかる為替チャートの読み方をカンタン学習 All Rights Reserved.
巻物の端