「オレンジジュース」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるのかな。今までしてきた経験や偏見みたいなのが、「船乗り」が現してることとゴッチャになることって、よくある話って言われそうだし。

朧月夜には日本舞踊と酒を

HOME

息もつかさずダンスする彼女と壊れた自動販売機

人のほとんどが水分だという研究結果もあるので、水分摂取は一人の人間の基礎です。
水分摂取を欠かさず、一人一人が元気で楽しい夏を満喫したいですね。
ぎらつく強い日差しの中より蝉の声が耳に入るとこの時期、いつもはあまり出かけないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策について気になる方が多いかもしれません。
夏のお肌のケアは秋に出てくるという位なので、やはり気にかけてしまう部分ですね。
やはり、すべての方が気を使っているのが水分摂取についてです。
まして、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、夏の時期はちょっと例外かもしれません。
と言うものの、多く汗を出して、知らない間に体から水分が出ていくからです。
外出した時の自分の具合も関わってきます。
ともすると、自分で気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い時期の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言にはならないかもしれません。
少し外出する時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があると非常に経済的です。
人のほとんどが水分だという研究結果もあるので、水分摂取は一人の人間の基礎です。
水分摂取を欠かさず、一人一人が元気で楽しい夏を満喫したいですね。

ぽかぽかした週末の昼は目を閉じて
歩いてすぐに海があるところに私たち家族は、家があり住んでいるので、大津波を祖母が気をもんでくれている。
ことのほか東北大震災後は、海と家がどのくらい離れているのかとか逃げる場所は周囲に存在するのかとか口々に言う。
自分だって気がかりだけど、しかし、造作なく条件のあう物件も見つかるわけではない。
ただ、本当に大津波がやってくるとなった際に逃げのびる道のりを決定していないとと思う、だけれども、しかし、海の横しか高所へ行く道路がないので、ちゃんと想定してみたら危ないとわかった。

喜んで自転車をこぐ子供と冷めた夕飯

チカコが、自宅のベランダで、トマトを育てている。
実がなったらトマトケチャップを作りたいそうだ。
実は、マメに水も肥料もあげないし、ベランダでタバコを吸うので、彼女のトマトの周りの空気はあまり良くはない。
丸一日水分をあげてないという場合の、ミニトマトの姿は、葉がしょぼんとしていて、なんとなくがっかりしているシルエットに見えなくもない。
申し訳ない気分だったので、水をたくさんあたえると、次の明け方には陽気に復活していた。

ひんやりした祝日の明け方は友人と
暑い季節っぽいことを特にやっていないが、同僚と土曜日、コテージをかりてバーベキューをする。
夏の定番だが、たまには、息抜きになる。
男手が少ないので、非常に色々と準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女性だと不得意な人がまあまあいるので、活躍しないと。
だけど、しかしたぶんみんなでワインをがぶがぶ飲むその時は、ビールを飲みすぎない様に注意しよう。

暑い祝日の日没に焼酎を

盆だとしても里方から離れていたらとほとんど思い知らされることがないが、せめて、仏前のお菓子くらいはと思い里へ届けた。
故郷に居たら、香を握りしめて先祖の出迎えに出向いて、お盆やすみのラストに送りに行くのだが、離れて生きているので、そういうふうに遂行することもない。
近所の方は、線香をつかみ墓所に行っている。
そうした状況が目にとびこむ。
日常より墓所の周りの道路には複数の乗用車がとまっていて、お参りの人もたいそうたくさん目に触れる。

気持ち良さそうに歌う子供と電子レンジ
昨年まで全く存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツなるものがある。
都市部では、水遊び用オムツをはいて入れることろと入れない所があって違うらしい。
もちろん、大人から見れば、特殊なオムツでもうんちなど中に存在しているオムツで入られたら、いやだろう。
しかれども、親としては、プールにいれてあげたいと思うし。
だけど、しかし、立場が逆だったらめっちゃ不快だ。

余裕でお喋りする姉妹と夕焼け

ある暑い日のこと、少年はお母さんからお使いを頼まれて、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいく途中であった。
少年はこっそり笑った。
晩御飯はお鍋だ!わーい!…と。
だが、ありえない事がその後すぐ起きたのである。
なんと、ポッケにあるはずのおつかいのためのお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はお店の支払い所に並ぼうとする時、念のためズボンのポケットに手を入れて確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金が無くなっているのに気がついたのである。
怒られるのを覚悟して、少年は何も持たずに家に帰ることにした。
次回から、お金は靴か靴下に入れよう。
少年は空を見上げてそう決心した。

雨が上がった休日の午後に目を閉じて
台湾出身のビビアン・スーは、美人で努力家で素晴らしい人だと思う。
もう30代終わりなんて、思えない。
過去に見たテレビ番組で、印象に残っているのが、ビビアン・スーが、英語のインタビューに返答していた姿。
ちょうど勉強中みたいだったけれど目を引くくらい一生懸命だった。
今となっては英語だけでなく日本語も、しっかりペラペラなんだろうなーと思う。
ビビアンの驚くべき素晴らしさは計り知れないくらいだ。

風の強い平日の午前は焼酎を

普通、マンションで個人で行えるような働き方をして、たまにお声があると派遣先に仕事に参加する。
その稀にだけど、最強にめんどく感じて仕方ない。
ここまで嫌なら引き受けるの辞めてしまおうとか。
一日が始まれば張り切るけど、大勢の人間に囲まれて、団体で業務を成功させるのは大変だ。
本気で母に相談すると、気持ちは理解できるけど、と言って、豪快に笑っていた。

気分良く吠えるあの子と草原
息子の3歳の誕生日が近いので、プレゼントをどういったものにするかを考えている。
嫁と相談して、体を使って遊ぶ遊具か知育玩具か洋服などにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見に行って決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けれど、こどもに近くにいかせてみたら、あっさりと決めることができた。
トンネルの遊具に夢中になったから、これに決めた。
ただ、今のマンションが小さいので、小さくて折りたたみ可能なものに決定した。
価格もわりとリーズナブルだったので、よかった。

サイトコンテンツ