たとえば、何もわからないエイリアンに「息子」のことを説明するなら、どんなふうに説明する?「友達」の目立つ特徴とか、いやいや、そもそも地球や日本のことから説明始めるのかな。

朧月夜には日本舞踊と酒を

HOME

前のめりで口笛を吹く先生と読みかけの本

離れた里方に住んでいる妻の母も孫の為として、大変色々お手製のものを頑張ってつくって送ってくれている。
アンパンマンがめっちゃ気にいっているのだと伝えたら、伝えたキャラクターの生地で、作成してくれたが、生地の案外、大変高額でびっくりしていた。
裁縫するための布は横、縦、上下の向きがあるので気をつけなくてはならないらしい。
なのに、しかし、色々、作成してくれて、送ってくれた。
孫は非常にかわいいのだろう。

のめり込んで泳ぐあの人と俺
「嫌われ松の子一生」というタイトルのTBSドラマが放送されていましたが、好きだった方もいらっしゃったと思います。
わたしは、TBSは見なかったけれど、中谷美紀主役でシネマが放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない境遇にいながらも、自分は不幸だと思いません。
はたからみれば、かわいそうな人かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
そこに、尊敬を感じました。
私も幸せになりたいのに、チャンスがやってくると幸せになる権利はないような気がする。
などという、よくわからない状態だった悩みを抱えていた私は見ている間、悩みなんか忘れていました。
とても、面白い映画なので、ぜひ見ていただきたいです。
あと、中谷さんは、先生役でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

湿気の多い大安の夜にこっそりと

アンパンマンは、子供に気に入られる番組だけど、しかしとっても攻撃的だと見える。
内容の終わりは、アンパンチとばいきんまんをぼこぼこにして話を終わりにする時が大変多く思える。
子供にもめちゃめちゃ悪い影響だと私は考える。
ばいきんまんとその他が、あまりひどいことをしていないときでもぶん殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを見つけたら、やめろといいながらすぐに殴りかかっている。
理由を聞くわけでもない。
説得するわけでもない。
ただ、暴力で話を終わらせるからいつになっても改善されず、毎回変わらない。
想像するのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

夢中でダンスするあの子と突風
タリーズでもその他カフェでもさまざまな場所でコーヒーを飲むことができる。
他にも、どこかでインスタントでも手軽だし、いろんな場所で

私が大好きなのがスターバックスコーヒーだ。
全席禁煙と言うのが、タバコの無理な私にとってポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いを楽しめる。
値段もそれなりだが、立派な豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、ついついスイーツなど頼んでしまうという落とし穴もある。

ノリノリでダンスする母さんと失くしたストラップ

辺ぴなところに住んでいると、ネットでものが手軽に買えるようになったのが、めっちゃ手間がはぶける。
その理由は、大型の本屋が市内に一軒だけしかなく、本の品ぞろえもひどいから、手に入れたい本も買えないからだ。
取り寄せるよりネットで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけでマイカーで30分以上かかるからめちゃめちゃめんどうだ。
ネットに手慣れたら、本以外もオンラインショップで手に入れるようになった。
なんでもネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価で、型番商品は確実にネットショップ購入だ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

薄暗い水曜の夕方に立ちっぱなしで
仕事の関係で鹿児島に住んでみて、お墓に連日、お花をしている方が多人数なことにあっと驚いた。
老齢の方は、いつも毎日、墓前に菊をしていないと、近隣の女性の目が不安らしい。
その日その日、弔花をなさっているので、家計の中のお花代も大変大変らしい。
毎日、近所の年配の奥さんは墓に集まって弔花をあげながら、会話もしていて、墓前の辛気臭い空気はなく、さながら、人が集う公園みたいに明るい雰囲気だ。

前のめりで歌う家族とぬるいビール

とても甘い食べ物が好きで、甘いケーキなどをつくります。
普通に自分でしゃかしゃか混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたのだけれども、近頃、ホームベーカリーで作ってみたら、とっても楽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように心がけている。
砂糖やバターが少量でもニンジンやかぼちゃ自体の甘味があるので、笑顔で食べてくれます。
近頃は、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているから一般的だけれど、昔は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、お菓子をつくる男性が増えたねとも言われてそれも寂しい。

泣きながら歌う先生と観光地
チカコの住まいのベランダで育っているミニトマトは、かわいそうなトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、稀にコーヒーを与えてみたり、だし汁をプレゼントしてみたり。
酔った私と彼女に、日本酒を与えられたこともある。
トマトの親である彼女は、機会があれば絶対トマトジュースを飲ませたいらしい。
好奇心を目の前にしてミニトマトの心は完璧に関係ない。

余裕で走る姉ちゃんと花粉症

よくテレビで見る大物がいきなり引退らしく、ニュースやらワイドショーでうるさいぐらい扱っていますが、とってもすごいですね。
次々と変わる日本の首相がどの人に決定するかという話よりニュースでは順序が先ですからね。
どなたが総理大臣になろうが変わらないって考えるのもものすごく存在するし、それよりは大物司会者が芸能界を電撃引退というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。

よく晴れた休日の朝に散歩を
急速にネットが普及するとは、中学生だった私はよくわからなかった。
品物を売る店は今の時代競争が激しくなるのではないかと考える。
PCを使用し、どこより安価な物を発見することが不可能ではないから。
争いが活発になったところで最近よく目につくようになったのが起業セミナーや情報商材だ。
現在は、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段が目的化してしまいそうだ。

サイトコンテンツ