板橋区 自己破産 弁護士 司法書士

板橋区に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするなら?

借金の督促

借金の問題、債務の悩み。
お金・借金の悩みは、自分だけではどうしようもない、重大な問題です。
しかし、弁護士・司法書士に相談しようにも、少し不安になったりするものです。
このサイトでは板橋区で借金・債務のことを相談する場合に、お勧めの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
ネットを使って相談できるので、初めての相談という人も安心です。
また、板橋区にある他の法律事務所・法務事務所も紹介しているので、それらも参考にしてください。

借金や自己破産の相談を板橋区在住の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

板橋区の借金返済問題の相談なら、この事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の取り立てをSTOPすることも可能です。
自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、など、債務の問題について相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に合った方法で借金問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

板橋区在住の方が債務整理や借金の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットでできる診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、板橋区の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



板橋区近くにある他の法務事務所・法律事務所の紹介

板橋区には他にもいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●牧野忠明司法書士事務所
東京都板橋区板橋1丁目48-6
03-3963-3501

●司法書士平山隆一事務所
東京都板橋区成増3丁目22-3
03-3979-0150

●あいうえだ司法書士事務所
東京都板橋区志村1丁目19-5
03-5939-8432
http://i-ueda.com

●相澤法務事務所
東京都板橋区常盤台1-2-2 常盤台駅前ビル3F
03-5914-1351
http://aizawa-office.jp

●小山紀男司法書士事務所
東京都板橋区板橋1丁目42-10
03-3964-3389

●司法書士依田法務事務所
東京都板橋区成増2丁目10-3 三栄ドメール 1F
03-6801-6988
http://office-ay.jp

●ほりゆき隆司法書士事務所
東京都板橋区板橋4丁目13-2
03-3964-4311
http://horiyuki.chicappa.jp

●石川輝雄司法書士事務所
東京都板橋区大谷口上町15-10
03-5926-5651
http://ishikawa-shihou.com

●斉藤茂雄司法書士事務所
東京都板橋区板橋1丁目43-11
03-3962-0291

●ナチュラル司法書士事務所
東京都板橋区仲町37-2 カワヒトビル2F
0120-150-848
http://saimuseiri-natural.com

地元板橋区の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務に板橋区に住んでいて悩んでいる方

さまざまな人や金融業者からお金を借りてしまった状態を、多重債務といいます。
こっちでもあっちでも借金して、返済先も借金の額も増えた状況です。
キャッシング会社で限度額まで借りたから、次は別のキャッシング業者で借金。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードをたくさん持ったり。
多重債務の状態までなったなら、大概はもはや借金の返済が厳しい状況になってしまっています。
もはや、とてもじゃないけど借金を返済できない、という状態。
ついでに利子も高利。
もうダメだ、なすすべもない、と思ったら、法務事務所・法律事務所に相談するのが一番です。
司法書士・弁護士に相談し、今の自分の状況を説明し、解決する方法を示してもらうのです。
借金・お金の問題は、弁護士や司法書士知恵・知識を頼るのが得策ではないでしょうか。

板橋区/債務整理のデメリットとは|自己破産

債務整理にも多くの手口があって、任意で消費者金融と話し合いする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産又は個人再生等々の種類が有ります。
それでは、これらの手続について債務整理デメリットというようなものがあるでしょうか。
これら三つの手口に共通する債務整理のデメリットと言うと、信用情報にそれ等の手続をした事実が掲載されてしまう点ですね。世に言うブラック・リストと呼ばれる情況になります。
としたら、ほぼ5年から7年程、クレジットカードが創れずまたは借入れができない状態になったりします。しかしながら、貴方は支払金に日々苦しみ悩んでこれらの手続きを実行するわけですので、しばらくは借り入れしないほうがよいのではないでしょうか。じゃカード依存にはまり込んでいる人は、逆に言えば借入れができなくなることにより出来ない状態になることで救われると思います。
次に個人再生もしくは自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこの手続を行ったことが掲載されることが上げられるでしょう。だけど、あなたは官報などご覧になった事が有りますか。逆に、「官報とはなに?」という人の方が多いのではないでしょうか。
現に、官報は国が発行する新聞に似た物ですが、貸金業者等のわずかな方しか目にしません。ですので、「破産の事実が周囲の方に広まる」などという心配事はまずもってありません。
最後に、破産独特の債務整理デメリットですが、一度破産すると七年という長い間、2度と自己破産できません。そこは十二分に用心して、二度と破産しないようにしましょう。

板橋区|借金の督促を無視した場合はどうなる?/自己破産

皆さんが万が一信販会社などの金融業者から借り入れして、返済の期日に間に合わないとしましょう。その場合、まず絶対に近々にクレジット会社などの金融業者からなにかしら催促のコールが掛かってくるだろうと思います。
督促のメールや電話を無視するということは今では容易に出来ます。消費者金融などの金融業者のナンバーだと思えば出なければいいのです。また、その督促の電話をリストに入れ拒否する事もできますね。
しかし、そのような方法で一瞬だけほっとしたとしても、其のうちに「支払わないと裁判ですよ」などといった督促状が届いたり、又は裁判所から訴状または支払督促が届くだろうと思います。その様な事になっては大変なことです。
従って、借り入れの支払いの期日におくれたら無視をせず、きちっと対応することです。貸金業者も人の子です。だから、少し位遅くなっても借入を支払う意思がある顧客には強硬な手法をとる事は恐らくないと思われます。
じゃあ、返金したくても返金できない時にはどう対処すればよいでしょうか。予想の通り頻繁に掛かってくる催促のコールをスルーするしかほかには何にもないのでしょうか。その様なことは決してありません。
まず、借入が返済出来なくなったならすぐにでも弁護士に相談若しくは依頼しましょう。弁護士さんが仲介した時点で、クレジット会社などの金融業者は法律上弁護士の方を介さないで直接あなたに連絡を取ることができなくなってしまいます。業者からの借金払いの要求の電話が止むだけでも心的に随分余裕がでてくるんじゃないかと思います。又、詳細な債務整理の進め方は、其の弁護士さんと打合わせて決めましょうね。